分水ブランディングプロジェクトとは、
燕市分水の地域で活躍する
若手有志の集まりです。

 

大河津分水を舞台に繰り広げられる
おいらん道中


越後平野を洪水から守るために作られた

大河津分水路

その土手を守るために植えられた

桜並木を花魁が歩く姿を一目見ようと毎年

多くの観光客が訪れます。

日本一の鬼として知られる
酒呑童子
分水で美男子として産まれ
なんやかんやあって鬼になった物語があります。


温かく優しい書を作った良寛様
越後最古の名刹国上寺


分水ブランディングプロジェクト

本来無形である観光資源を

カタチある有形観光資源へ
ブランディングする活動
です。

生まれ育った地元の地方創生を目指し
魅力ある分水という町を
全国へ発信していきます。

BBP トップページへ